会社概要
社名 ユニック産業株式会社
所在地 本社:〒213-0031 神奈川県川崎市高津区宇奈根779-2
第二工場:〒213-0031 神奈川県川崎市高津区宇奈根779-1
TEL:044-844-5663 FAX:044-833-5526


第二工場外観

設立年月日 昭和50年8月1日(1975年)
資本金 3,000万円
代表者 佐藤 恵樹
事業内容 印字機付ラベル剥離機(ユニックPシリーズ)・自動組立機オートラベラー・ラベル貼付ロボット(RH-1/RH-2)・サーマルプリンタ(DP-4)・EP-ROMラベル貼付装置・捺印装置・特殊インキ・活字・資材一般これらの設計、製作、販売
従業員数 15名
取引銀行 三井住友銀行 溝ノ口支店




■沿革
1975年 8月 ユニック産業株式会社設立
1975年10月 P-3型ラベル剥離機の開発、販売
1981年 7月 コンピューターラベル剥離機CP-1を開発、販売
1982年 8月 コンピューター制御による特殊捺印機及びドットプリンタDP-500の開発販売
1983年 5月 大田区東馬込に東京事業所を移転
1984年 9月 感熱式プリンタS-71を開発、販売
1985年 1月 ロボット用感熱式プリンタ付ラベル剥離機DP-671を開発、販売
1985年 3月 EP-ROM用ラベル貼付装置を開発、販売
1986年 4月 RH-1・2・3ロボットラベル貼付装置を開発、販売
1986年 7月 資本金を900万円に増資
1987年 7月 P-200小型剥離機の開発、販売
1988年 1月 P-100超小型剥離機の開発、販売(手の平サイズ)、P-100B超小型 剥離機(バッテリータイプ)の開発、販売
1989年 6月 資本金2,250万円に増資
1992年 4月 DP-5工業向け小型熱転写プリンタ開発、販売
1992年 8月 U-80シリーズ、P-150シリーズの超小型プリンタ付剥離機の開発、販売
1994年 10月 DP-4シリーズ、卓上型タイマー内臓サーマルプリンタの開発、販売
1995年 10月 DP-4シリーズの改良機DP-41型、DP-42型の開発、販売
2001年 8月 P-210W 台紙巻取ラベル剥離機の開発、販売
2002年 4月 DP-472 熱転写プリンター剥離機の開発、販売
2003年 10月 P-154 極小ラベル剥離機の開発、販売
2004年 4月 資本金を3,000万円に増資
2010年 4月 品川区中延に東京事業所を移転
2017年 7月 神奈川県川崎市高津区宇奈根に本社を移転
2021年 7月 本社・東京事業所を統合
2022年 1月 第二工場を開場